くまくまさんの時間は魔法だね

2019年3月26日生まれの息子くんの成長記録。大人になった時に読み返してくれると嬉しいです。

タイトル写真 by 写真AC(ほぼ)

私もクリエイター登録しています。良かったらDLしてね。クリエイター名:t.kum

写真素材|無料素材のフリーダウンロードサイト【写真AC】

【偽装】証拠隠滅を謀る三歳

photo by 写真AC

くまくまさんです。

 

最近こっそり冷蔵庫のものを漁って食べるのが好きな息子くん3歳3か月。

その対象は大抵バナナで勝手に皮を剥いてはもぐもぐ食べています。寝る前、歯を磨き終わったかどうかは関係ない。とりあえず食べたいときに食べるスタイルです。

 

で、昨日もお風呂あがった後に盗み食いをしていたのですよ。

対象はトマト。私が歯磨きでキッチンを離れた隙にやられました。実に良いまるかじりでした。辛かったのは白いパジャマが服がトマトの汁でまっかっかだったこと。気にせずむしゃぶりついていたかのように見えましたが私が叱ろうと近づくとキッチンにかけてある手拭き用のタオルでごしごし、と服の汁を拭いていました。証拠隠滅を画策している光景を目撃。汚れている自覚はあるみたいです。

とりあえず叱った後、パジャマを脱がせると服に着いた赤いトマト汁が気になるのか今度はてのひらでパッパッと汚れを払うしぐさをしていました。彼なりに取り繕うとはしているのかもしれません。当然そんなことでしみが取れるわけもなく、入浴を終えたママに再度こっぴどく叱られていました。

 

本人は別にへっちゃらで鼻ほじってましたけどね。

今度せっけんの使い方でも教えましょうか。証拠は残してはならない。小さな犯人へのアドバイスです。それにしても汚れを気にするようになったのは少し進歩かな。立派立派。

 

 

↓↓ブログランキングに参加しています。

良ければボタンをクリックしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年早生まれの子へ
にほんブログ村

【3度目の正直】二語への道が開けてきた予感

くまくまさんです。

 

息子くん、3歳3か月。早いものでもうそんな歳ですが二語がほとんど出ません。

自閉症スペクトラム障害という特性持ちが原因と思われます。

しかし息子くんもいつまでも『障害があるかわいそうな子』ではありません。だんだんおしゃべりが上手になってきました。

これまで語頭が出ずにいちごを「ンご!」くらいにしか言えなかったのに昨日は「いちご」とちゃんと言えました。きらきら星の歌も後サビまでほぼ全部歌えました。歌詞も結構しっかりしていました。飲み物(特にジュース)を欲する時は「おかわり ちょうだい!」と実にはっきり言います。もう飲むの止めて!ってくらいしつこいです(笑)

あとはなんかしらよくしゃべっています。宇宙語の段階ですがとにかく何かをよくしゃべっている。そして伝えようとする意志を感じます。本当に何を言っているのかわからないのでオウム返しで返すことしかできないのでもうしわけないですがこのまましゃべってくれたらいいなあと淡い期待をしています。

 

過去にも言語爆発の予感を感じさせる場面がありました。もう何度もあります。

3度目と言いません。何度もありました。

kumakuma3-family.hatenablog.com

でも結局どの時も二語爆発につながらなかったですが自身の中に言葉を溜めている状態だとお医者さんや言語聴覚士さんから聞いています。そろそろコップの水が溢れてもいいころではないかと楽しみにしているくまくまさん家です。

 

 

↓↓ブログランキングに参加しています。

良ければボタンをクリックしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年早生まれの子へ
にほんブログ村

【自信】会社における優秀とはなにか

photo by 写真AC

くまくまさんです。

 

なんとなく育児とは関係ないことを書きたくなりました。

弊社の部下、契約社員1名が異動になります。私より5つくらい年上。自分の能力に自信があり、たしかに覚えも早いしいろんなところに目線が行くので情報の入手量が多い。現場の人手不足でほぼ作業員と化している私としては見切れないところをカバーしてくれるのはとてもありがたい。

 

でも、嫌われています。特に次工程の社員たちに。

 

原因は口の出しすぎ。あと自分が計画や進行の輪にいないと気が済まない性格のようです。情報を取ってくるのはいいですが次工程の人たちにそれをさんざん話したり、自分で工程の進捗や配置を進言する状況です。次工程の社員は彼らの中での工程管理があり、そこにもちろんちゃんとした長がいます。彼らもプロですから長を中心に後は任せてくれればいい、と言うのですが自分の存在を示したいのか部下氏はことごとく口をはさみます。やれ工程は2日遅れてるから物の移動は1日遅らせよう、とか現場の配置はこれなら何番が空いてるだの、とか。自分の仕事の範疇を超えているように思います。

私の上司も以前注意したことがあるらしいのですがその時も「自分の仕事の範囲を超えている自覚はないし、超えるつもりもない。感謝される範囲だ」との回答だったそうです。

 

余計なお世話と感謝される範囲の境目ってどこでしょうか。

私は両者には違いはあまりなく、相手との関係性によって変化するものだと思います。

嫌われていれば余計なお世話、好かれていれば「ありがとう」。部下氏はおそらく前者の状態なのでしょう。長同士で話し合っているところに割り込んで自分の言いたいことを言いに行ったこともあるようです。その時は怒声で怒られたようですがあまり懲りていないようです。また、年齢が下の社員にも横柄で他の部署で自分が関われそうなことになると「ほら、これ早くやってしまいなさいよ」などとその部署の進捗も知らないまま進言します。そういう性格が他の人に聞く耳を持たせない要因なのだと思っています。

以上、他部署からのクレームと人事異動の件が重なり、部署異動です。

異動自体には不満はないようですが先日言われました。

 

「おれがいなくなるとくまくまさんが困ると思うけど大丈夫?」

 

彼的には本当に心配で言ってくれているのだとは理解できましたがそれこそ余計なお世話。むしろ自分が一番この部署のやり方を知っていて、自分のやり方以外を認めない姿勢の方が困っていたので「ぜんぜん心配じゃないよ」とだけ返しました。

そこに不満があったようでしたが人依存で成り立っている会社はいずれ崩壊します。その人がいないと何もできないでは意味がないからです。私の力量不足で部下たちにまかせっきり、自由にやらせすぎているし、注意をすることも躊躇ってしまうので根本は私が悪い。実際、抜けられるのは本音を言えば心配。だからこそ脱人依存をめざすきっかけにしたいです。

 

結婚前に飲み友達だった某有名製薬会社勤務の男性(7つくらい下)が言っていました。

「自分が優秀だと思ったらもうその人は終わりです」

これは自分の心に刻んだ言葉です。謙虚でありたいですね。

 

 

↓↓ブログランキングに参加しています。

良ければボタンをクリックしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年早生まれの子へ
にほんブログ村

【療育】有料で体験できる施設の見学

photo by 写真AC

くまくまさんです。

 

自閉症スペクトラム障害と診断された息子くんの療育施設探し中です。

週末は電車に乗って大きな街まで施設体験に行ってきました。ただ体験と言っても有料。しかも50分2万円オーバーの破格体験です。他にはない良質なプログラムと家庭内での接し方のアドバイスもいただけるということで高額でも参考になれば・・・と参加した形です。

 

結論的にはあまり効果は感じられなかったです。

まず個別教室で先生とマンツーマンで指導を受けました。遊んでいる息子くんにずっと声をかけながらなにができるのか、なにを指導するかを探っているようでした。親は教室外からモニタで様子をずっと見続けます。正直なにが起こっているか分からない療育現場です。どういう指導をしているのかが目で見えるのは安心感があります。

その間に息子くんのプロフィールや困りごと、どう成長してほしいかなどを記入して体験の様子とともに最後にアドバイスをいただく流れでした。

 

先生曰く、息子くんは目で見て情報をたくさん手に入れるタイプでおもちゃを先生の頭の後ろなどでさっと隠されると取られた、なくなった!という感覚であきらめたり癇癪を起すようでした。自分でこれがしたい、どうしてほしいを言葉を発するようになるまでのステップが8つあるとしていて、アイコンタクトで意思を伝えるところが最初の1ステップなのですが視線が合わない息子くんは最初の1ステップ、または単語が言える2ステップ目くらいの段階だと教わりました。

アドバイスの1つ目としては「目を見ると嬉しいこと(おもちゃをもらえたり、褒めてもらえる)が待っている」と覚えてもらい、目線を合わせることにメリットを感じてもらうというものでした。子供はメリットがないととにかく動かず、逆に抑圧(怒られる)されたり禁止されたりするとデメリットや自分の劣等感が高まるようで、二次障がいの危険性があるみたいです。できる喜びが大事とのこと。

 

また子供にどう成長してほしいのかを整理できたことが良かったです。

ボードに困りごと→どうして困っているのか→それが将来どういう困難になりそうか→それを踏まえてどう成長してほしいのか、を順序立てました。現在の困りごとばかりで頭がいっぱいだったのでその先を見据えられたのはよかったです。ただそれ以外のアドバイスは結構ふんわりした感じで実践してみようと思えるような具体的なものはなかった印象でした。

幼児教育無償化に伴うコースは半年から1年以上待つことになっており、今からこちらに通うことになったら有料のコースになるようです。50分22000円×4週で88000円。そこに手数料がかかり月90000円超。かなり悩むレベルです。効果があるなら投資は惜しまないと思いましたがそこまでのイメージができずしかも電車で通うしかないマイナスばかりが目立ってしまったので保留としました。上場企業だけあって室内のきれいさや充実さ加減は立派だと思いましたが今一歩と言うところです。妻さん的には「もう少し遊び中心かと思ったら結構訓練っぽくて子供が泣いているのを見ているのがつらかった」という意見でした。療育なので結果を出すために訓練的になるのは仕方ないところだとは思いますが不満点があったのは一緒なので別のところを探す日々は続きそうです。

とにかく施設が無限にあります。選ぶのだけで1年過ぎそうです。

 

 

↓↓ブログランキングに参加しています。

良ければボタンをクリックしてもらえると嬉しいです♪

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2019年早生まれの子へ
にほんブログ村